会計待ち時間 解消|医療費あと払い 導入ガイド

病院での会計待ち時間を解消する「医療費あと払い」について説明するブログです

MENU

契約締結からサービス導入までの流れ

「医療費あと払い」の運用準備が整ったらいよいよ契約です。導入対象範囲を最終確定させたのち、本契約を交わします。

契約の締結後は、サービス開始までのスケジュールを組み立てていきます。

f:id:mexatobarai:20181002234639j:plain

 

 

問合せはこちら

「外来」であと払い

「在宅」であと払い

サービスの導入対象を確定させる

 サービス契約の締結前に、「外来」「入院」「在宅」のうち、どこにサービスを導入するのか、導入対象を最終確定させます。

「外来」では通常の外来での利用のほか、「リハビリ」「がん外来」など特定診療科でアカウントの設定が可能です。

主な設定アカウント例

 

f:id:mexatobarai:20180920235213p:plain

 

契約方法は二通りをご用意

 契約締結の際、契約形式に関しては二通りの方法をご用意しています。

通常は「申込書」形式となりますが、ご希望に応じて「相互調印型」形式もお選びいただけます。

各形式での契約書類受領をもって、サービス運用のためのアカウントを開設していきます。

医療費あと払いの契約形式

・「申込書」形式

・「相互調印型」形式

 

サービスの開始日を設定する

契約締結前あるいは締結後より、サービスの開始日を設定します。

契約締結からサービス開始までの準備期間は一般的には1~2ヶ月間ほど設けますが、状況に応じて契約締結後1ヶ月未満でのサービス開始も可能です。

導入スケジュールの例

f:id:mexatobarai:20180921000934p:plain

問合せはこちら

「外来」であと払い

「在宅」であと払い