会計待ち時間 解消|医療費あと払い 導入ガイド

病院での会計待ち時間を解消する「医療費あと払い」について説明するブログです

MENU

「医療費あと払い」は患者の自己負担金を「あと払い」にするサービス

「医療費あと払い」は、会計待ち時間の緩和、未収対策、業務効率化など、様々な効果が期待できる医療費の決済サービスです。現在、大学病院をはじめ、全国で700以上の医療機関で導入されています。

f:id:mexatobarai:20180912173053j:plain

 

 

問合せはこちら

「外来」であと払い

「在宅」であと払い

「医療費あと払い」なら患者は会計なしで帰れます

【 通常会計の場合 】

診察が終わった患者は、会計で「計算受付」「計算完待ち」「計算後の支払い」を行います。

患者にとっては、計算受付から支払完了までの「会計待ち時間」があります。

 

【 医療費あと払い の場合 】

診察が終わった患者は、会計窓口で会計を行わずに帰宅します。

会計を行なわないため、会計待ち時間がありません。

f:id:mexatobarai:20180910171508j:plain

  

医療費は、当社が全額お支払いします

「医療費あと払い」を利用した患者は、当日医療費を払わずに帰宅します。

「医療費あと払い」扱いとなった医療費は、1ヶ月単位で締め処理を行い、翌月の15日に当社が全額立替払いをします。病院様は当社からの入金で医療費の回収が完了します。

 患者からの医療費回収は当社で行います。患者からの未収があった場合でも、督促作業や最終的な未収リスクはすべて当社が負担します。

f:id:mexatobarai:20180910171808j:plain

f:id:mexatobarai:20180910171829j:plain

 

当社が患者から医療費を回収します

「医療費あと払い」を使った患者は、当日支払いをせずに帰宅します。

当社は、後日患者があらかじめ指定した方法(口座振替、携帯電話料金まとめ払い等)によって、医療費を回収します。

 患者がこのサービスを利用するためには、事前の会員登録が必要になります。

 

問合せはこちら

「外来」であと払い

「在宅」であと払い

医療機関のメリット

 サービス利用の患者だけではなく、他患者や病院にもメリットがあります。

医療費あと払い 利用患者へのサービス向上

  • 会計待ちゼロ
  • キャッシュレス

会計混雑の緩和

  • 待ち時間ゼロで患者を返すため、会計混雑が軽減
  • 待合室や駐車場スペースの有効活用

 医事業務の平準化

  • あと払い分の計算は患者の少ない時間帯に実施
  • ピーク時の業務負荷が下がり、計算要員を抑制

 決済にかかる手数料負担なし

  • 月額固定のシステム使用料のみ(決済手数料なし)

未回収リスクなし

  • あと払い分の債権はすべて当社で買い取り

 

患者のメリット

最大のメリットは、診察後、会計で待たずにすぐに帰ることができる点です。

当日会計をしないことで、キャッシュレスでの通院が可能となります。

また、サービスを利用するかどうかは、受診毎に選択が可能となっています。

待たずに帰れる

  • 診察後は会計を待たずにすぐ帰れる

キャッシュレス

  • 現金持参の必要なし

金額確認

  • 診察料は、利用の翌日以降に会員サイトで確認 

利用を受診毎に選択

  • サービスを利用するかどうかは、受診毎に選択可能

 

問合せはこちら

「外来」であと払い

「在宅」であと払い