会計待ち時間 解消|医療費あと払い 導入ガイド

病院での会計待ち時間を解消する「医療費あと払い」について説明するブログです

MENU

「医療費あと払い」は患者の自己負担金を「あと払い」にするサービス

「医療費あと払い」は、会計待ち時間の緩和、未収対策、業務効率化など、様々な効果が期待できる医療費の決済サービスです。現在、大学病院をはじめ、全国で700以上の医療機関で導入されています。 「医療費あと払い」なら患者は会計なしで帰れます 医療費は…

患者は5種類の支払い方法を選べます

患者様が「医療費あと払い」をご利用するにあたり、事前に会員登録をしていただく必要がありますが、その際、あらかじめお好きなお支払い方法をお選びいただくことができます。 患者様がお選びいただける決済方法の種類について、以下にご説明していきます。…

サービスの利用手続きはとても簡単

「医療費あと払い」のサービスを利用するにあたって、医療機関での難しい作業は発生しません。 患者は利用の申告をするので、医療機関側で簡単な会員確認を行うだけで手続きが完了します。 まずはシステムの概要と、外来でのサービス利用の流れを紹介します…

医療費あと払いはがんの外来治療にも効果的

医療費あと払いは、「会計待ち時間なし」「キャッシュレス」の特性から、がんの外来治療を受ける患者様からのニーズも近年非常に高まっています。 そのため、がん患者様の身体的負担の軽減等を目的として、化学療法や放射線治療といった、がん外来治療での「…

在宅サービスはあと払いでの回収が便利

「医療費あと払い」は外来診療や入院での利用のほか、訪問診療や訪問看護など、在宅医療・介護事業においてもご利用いただくことができます。 あと払いの導入で手集金の手間を無くす 在宅医療でのあと払い利用 在宅でのあと払いの利用方法は? 在宅での主な…

導入までのチェックポイントとは?

「医療費あと払い」を導入するにあたっては、実際の運用イメージをこと細かに組み立てる必要があります。 まずは契約の前段階におけるチェックすべき項目を整理していきます。 院内で医療費あと払いをどう運用するのか? 運用フローのチェック項目 導入医療…

院内運用フローの検討ポイントとは?

院内で「医療費あと払い」の導入が決まったあとは、検討時のシミュレーションに沿って、運用フローを構築していきます。 患者様がサービス利用を申告するタイミング、当社システムに利用の登録を行うタイミング、予約票・処方箋発行のタイミング等、細部にわ…

サービス導入に必要なものは?

「医療費あと払い」の導入に必要となるもの、契約方法、サービス開始までの流れをご紹介していきます。 サービス導入時に用意するものは? ご用意いただく端末 システム上のセキュリティ対策は万全です SSL通信では主に下記を行います 導入コストはどれぐら…

契約締結からサービス導入までの流れ

「医療費あと払い」の運用準備が整ったらいよいよ契約です。導入対象範囲を最終確定させたのち、本契約を交わします。 契約の締結後は、サービス開始までのスケジュールを組み立てていきます。 サービスの導入対象を確定させる 主な設定アカウント例 契約方…

院内スタッフへのサービス周知徹底の方法

サービスを開始する前に、「医療費あと払い」を円滑に運営するためにも、職員や看護師など院内のスタッフがサービスについて把握している必要があります。 院内におけるサービスの周知をどのように行うか、ご紹介します。 院内でのサービス周知の徹底を図る …

患者へのサービス事前告知のやり方

医療費あと払いを効果的に活用するためには、一定数の会員獲得と利用件数の向上が必要となります。 まずは新規の会員を獲得するためにも、患者に対してサービスの積極的な告知を行っていく必要があります。 患者への事前告知に向けてツールを設置する サービ…